background

容器変換

image

容器変換


自動倉庫に入れる前の容器変換には、多くの人の手がかかっているにも関わらず、ピッキングの自動化の難しさに加えて、整列の難しさが、長年ロボットによる自動化を阻んできました。
MUJINコントローラのティーチレス技術は、刻々と変化する容器の中の状態を考慮し、ロボットに整列させることを可能したことで、世界で始めて容器変換の自動化に成功しました。

従来方法の問題点


  • 自動倉庫等に保管するためには、オリコンやプラコンに移す必要があり、すべて人が処理しなくてはいけません
  • 人による作業のため、作業者によるミスによって在庫ずれ等が発生してしまいます
  • 扱う荷も超多品種のため、自動化が難しい工程でした

MUJINシステムで解決


  • MUJINの3Dビジョンシステムにより、超多品種であったとしても対応可能で、今まで難しかった本工程を自動化します
  • 配置側も商品をぶつけずにきれいに配置していくため、効率よく安全に容器変換できます

特長 1 超多品目種対応可能なMUJIN 3Dビジョン

従来方法の問題点


  • 箱物のみ登録システムがないため、各品種毎にビジョン認識の設定が必要です
  • デザインパターンの登録もできないため、誤認識が発生します

MUJINシステムで解決


  • 箱物からボトルまでさまざまな商品を登録できます
  • MUJIN独自開発の登録システムで、誰にでも簡単に品種登録ができます
  • 登録商品に合わせて、速度や吸着エリアをカスタマイズ可能で、より安定したピッキングを実現します

特長 2 さまざまな荷姿(バラ積み)に対応する自動ピッキング

従来方法の問題点


  • 品種ごとに膨大なティーチングを必要とするため、バラ積み状態の荷姿からのピックは極めて困難です
  • うまく詰めることができないので、スペース効率が悪いです
  • 結局平積み状態をつくらないといけないため、工数がかかってしまいます

MUJINシステムで解決


  • MUJINのティーチレス技術で、いかなる荷姿の品種でも自動でピックを開始できます
  • 高度な干渉回避機能で、深い箱でも大丈夫です
  • ティーチレスのため、超多品種への対応ができます

特長 3 お客様の商品を傷つけない繊細な自律配置機能

従来方法の問題点


  • ティーチングベースのロボットでは、刻々と変わる箱内の状況に合わせて、ロボットをリアルタイムに制御することができません
  • 箱の上の定点から商品を落とすことしかできないため、商品を傷つけてしまいます
  • 上手く詰めることができないので、スペース効率が悪いです

MUJINシステムで解決


  • コンテナ内に隙間なく商品を配置することができます
  • 人間のように隙間に沿わせて配置するため、商品をぶつけて傷つけることがありません
  • 配置側のコンテナも常時監視しているため、荷崩れ時にも状態を確認したうえでアプローチします

特長 4 商品に合わせた知能ハンド制御 -1つのハンドで多くの商品に対応-

従来方法の問題点


  • 商品に合わせた吸着制御が行えないため、2個取りしてしまいます
  • 商品に合わせて速度を変えられないため、重いものを飛ばしてしまうおそれがあります

MUJINシステムで解決


  • 商品に応じて吸着を制御し、2個取りしません
  • 商品に合わせた速度制御が可能で、たとえば重い商品は速度を抑えるなど、細かな制御が行えます

システム構成

Image
積極採用中! あなたの手で世の中を変革させる。そんな仕事をしませんか? 採用情報を見る